fc2ブログ










安心できる留学先をお探しの方へ

個人のFBでも書かせていただきましたが、私はこの度、アメリカのESL Transitionsという会社の留学コーディネーターとして、語学留学を希望される学生さんや社会人の方の為に、大学の留学プログラムのご紹介と留学生活のサポートをさせていただくことになりました。

ご紹介させていただくのは、アメリカのペンシルベニア州にあるウィルクス大学のIntensive English Program(集中英語プログラム:IEP )という大学進学に向けた英語学習プログラムです。

大学やカリキュラムのご紹介から留学の手続き、ビザの申請、寮またはアパートの手配、現地での買い物や口座開設、アクティビティのご案内、そして質問や悩みのご相談など、様々な面で留学生をサポートいたします。

現地のリーダーはウィルクス大卒の女性で、日本にもゆかりのあるアメリカ人女性です。大変気配りが細やかで温かい方で、今現在も、日本の社会人留学生のサポートを実施しております。

ESL Transitionsが一番大切にしていることは、学生の皆様が安全に安心して留学できること。孤独になったりトラブルで困ることのないよう、滞在中も常に親身になって寄り添います。
そのために、日本人とアメリカ人のスタッフが細かく連携して行動します。

もう一人、ウィルクス大卒の日本人スタッフがおりますが、彼女曰く、留学までのサポートはどこの留学支援機関でも受けられるけれども、現地に着くと、相談できる人がなかなかいないので、こうした手厚いサービスは大変貴重であるとのことです。
彼女は、到着初日に、生活必需品の店がどこにあるかわからず、毛布無しで数日間暮らしたり、銀行口座の開設方法がわからず窓口で途方にくれたり、言葉の壁もあって、かなり大変な思いをしたそうです。
その点で、ESL Transitionsのサポートは留学生の方やご家族の皆様にとって、大変心強いものになると思います。

ウィルクス大学はアメリカのIEPプログラム実施大学の中でもトップ10%に入る高い実績を持っております。
大学のあるウィルクス·バリーの街の四季は大変美しく、冬はスキー、春は美しい花々、夏は登山やスパなどのアウトドア、そしてとりわけ秋は、赤、黄、オレンジの紅葉が素晴らしく美しいそうです。

住まいとしては、大学が寮として改築した大富豪の旧宅(本当の意味でのmansion)か、一般の賃貸住宅を借りることができます。

また、ニューヨークやフィラデルフィアといった大都市へもバスで2.5時間と近いので、オペラやNYヤンキースの試合観戦などの観光も楽しめます。

もし、周りに留学にご興味のある学生や社会人の方がおられましたら、ESL Transitionsをご紹介いただければ有難いです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

日高由布子
mohidaka@gmail.com
[ 2019/06/10 10:24 ] ブログ レッスン風景 | TB(-) | CM(0)