fc2ブログ










「楽しい=最強」の理由

最近、レッスンが熱気を帯びてきて、とても楽しいです。それは、ある勉強会とその課題図書に出会たからです。

『外国語学習における意識と無意識』(福田純也著)

世界中の第二言語の研究者による難解な論文を比較的平易にまとめられた本で、一般人でも理解できるように解説されている本です。先月より、尊敬する先生方のご紹介でこの本の勉強会に参加させていただいております。

その著者の方が言うことには、第二言語習得においては、
「意識的に」
学んだことは習得にはつながらないのだそうです。

逆に
「無意識的に」
「主体的に」
「典型的な構文を何度も繰り返し」
学ぶことは習得につながるそうです。そしてさらに
「インタラクション」
という講師との言葉のやり取りを通して、学習者は正しい使い方を理解していくのだそうです。

ですから、私たちが学校で学んできたような「一つ一つの文法項目を取り上げて、例文を使って、こういう時にこんな風に使いますよ、と教えられながら学ぶ」というやり方は、間違ったやり方のようです。
早く覚えることはできても、忘れやすく、実際に使う時に緊張してしまうと、たどたどしい発話にしかならないので、入試には有効でも、習得においては残念ながら逆効果、ということでした。

それよりも、学習者が学ぼうという意識を持たずに、自分のやりたいことを実現するため、無意識のうちに第二言語を学習したならば、それが定着するのには長い時間がかかりますが、時間が経っても忘れにくく、実際の場面でも流暢に話すことができるようになるのだそうです。長い時間がかかると思えば、じれったく非常に遠回りなようですが、実際、母語の習得はそのようにして得られるものなのだそうです。

実際私たちも日本語は、難解な文法や漢字からカタカナ、ひらがなまで、さしたる苦労もなく早口で話すことができますよね。
て、に、を、は、を意識して使うこともありません。
「い、い、いる、いる、いれ、いよ」の5段活用みたいに、文法を学習したのだって、一瞬のことで、長い期間勉強してはいないと思います。それでも正しく日本語は使えるのです。
私たちは日本語という言語のスペシャリストなです。
それは、私たちが日本語を無意識に習得してきたからなのです。

言語は細長い文字の羅列、ではありません。そこには、優しい母の声とか、美味しいごはんの匂いとか、温かい家庭のぬくもりとか、友達との友情とか、尊敬する人の姿とか、そういうありとあらゆる世界がつながっています。わたしたちはその世界とつながりたくて言葉を身につけてきました。日本語も英語もそこはきっと同じだと思います。

ドリルなどの英語学習は、そういう「世界とのつながり」が大きく欠けたものであると言わざるを得ません。実体験に欠けた「どこかの知らない誰かの言葉」を「言わされている」のですから、到底楽しいものであるはずがありません。楽しくなければ「主体的」に学ぶことはできませんよね。ドリルをこなす学習の中では「相互的な会話=インタラクション」もなかなかできないと思います。

でも、「じゃあ、英語話者の少ない日本で、どうやったら無意識的に主体的に英語を教えられるの?不可能でしょ?現実問題として、そんな環境が日本にはないんだから、ドリルを使って効率的に文法学習で補助してあげる方が親切だし、より早く英語が理解できるようになるんじゃないの?」というご意見もあるでしょう。

現実問題として、日本で無意識に英語を身につけることは、難しい問題です。
が「BBカード」なら、その問題をクリアすることができます。

私は何事もBBカードに当てはめてしまうくせがあるので余計にそう思うのかもしれませんが、この本を読めば読むほど、「これってBBのことだよね?」と何度も思わずにはいられないほど、習得につながるとされる第二言語学習方法の特徴にBBカードの特徴がぴったり当てはまったのです。

その特徴は以下の4点に代表されます。

①子どもたちはゲームに夢中になれるので「主体的に」取り組める
②「勉強している」のではなく「遊んでいる」と思っているので「無意識的に」学習できる
③「典型的な構文」を何度も何度も口に出して繰り返す
④講師と様々な「インタラクション」を行う中で、自然に意味や構造に気づかせる

実際、BBTIMEの子ども達は①~④を実践しています。正直な人たちなので、フォニックスなどは「やりたくないー」と言われる時もありますが、BBカードをしたくないと言われたことは一度もありません。毎回早く「BBやろー!」と主体的に提案してくれます。勉強している意識がないのです。BBカードが楽しいのだそうです。自然なリズムとイントネーションで英語を繰り返し口に出します。何度も何度も言ううちに、自然に覚えてしまいます。覚えてしまったものは、コロナ自粛でオンライン生活が数か月続いて、あまりBBカードができなくても忘れませんでした。
インタラクションを沢山するうちに、子どもたちは英語で今何を聞かれているのかを次第に理解するようになり、自分の考えも臆さず言えるようになってきました。
覚えるのに時間はかかります。個人差もあります。でもいつしか、なんでかよくわらないけどわかる、言える、というものになります。それは容易には忘れません。忘れないので、同じ構文や似たような構文に出会うと、また思い出します。思い出すことでまた記憶が強化されますし、新しい構文の理解もBBセンテンスを手掛かりに理解しやすくなります。

ここに、BBカードの凄さがあります。効果が長く、芋づる式に習得できるものが増えていくのです。
じわりじわりと後になればなるほど効果が出てくるのです。

まずはBBカードで夢中で遊ぶこと、繰り返し英文を口ずさむこと。
その大切さがこの本のおかげでよく理解できました。

この本を読んでからは、「あれを教えなきゃ、これを教えなきゃ」という無駄な力みが抜けて「いかに勉強させている意識なく、気づかせられるか」というなぞなぞのような、サプライズパーティをしているような、そんないたずらじみた仕掛けを考えるのが楽しくなってきて、私も子どもたちもイキイキとして、盛り上がってきました。良いスパイラルが起こり始めています。

これから、どんな取り組みを通して、どんな笑顔や気づきに出会えるのか、とても楽しみです。
[ 2020/08/30 18:55 ] ブログ おすすめ本 | TB(-) | CM(0)

私がこだわるBBカードという教材

BBカードに出会ってから10年近くが経とうとしていますが、BBカードはいつも、どんな地域でも、子どもたちの心をとらえて離しません。名古屋でも、大阪でも、北九州でも、みんな、英検三級レベルの英語を大量にリピートしているのにも関わらず、「勉強している」とは思っていないようです。それは、毎回こどもたちが「せんせー早くBBカードやろうよ!!!」とお決まりのように言ってくれることからも明らかです。BBTIMEの子どもたちは正直なもので、「勉強させられている」と思うと、すぐに興味を失ってしまいますが、「自分たちの好きなもので遊んでいる」と思うと、いつまでも何度でもやり続けようとします。その情熱は本当に誇らしく思います。
でも、BBカードを見たことのない親御さんはもしかしたら、「ずっと遊んでて大丈夫なの?勉強しておかなきゃ困るんじゃないの?」と思われるかもしれません。
しかし、この「勉強と思わず、遊びながら無意識で学んでいる状態」こそが、実は一番大切なのです。無意識で繰り返し繰り返し学んだことは、右脳へとつながり、長期記憶として残りやすくなります。

逆に、試験のために楽しくない勉強を頑張っても、終わってしまえばすぐに忘れてしまいます。それは、意識的な学習をしているからです。意識的な学習は左脳へとつながり、それは短期記憶にとどまります。私たち日本人が「とっさの一言」につまるのは、この左脳を使った意識的学習に偏ってきたから・・・ではないでしょうか?
意識して学習したものは、とっさに思い出せません。でも、実際に英語を使う場面では、いちいち頭で考えていたら疲れ果ててしまいます。

とっさに話せるようになるには、考えなくても言葉が出てくるまで、繰り返し繰り返し様々は文章を口に出すことが必要です。
しかし、日本の中で育ちながら、考えなくても英会話ができるようになる人は稀です。英語の幼稚園に通ったり、親御さんが英語話者であるような場合を除いて。
また、広い広い海のような英語の世界を、英語教室だけで体験させることは難しいですが、BBカードは、その海へ漕ぎだす時に持っていける羅針盤のような存在にはなれるのではないかと思っています。「なんとなく、こっちの方角かな?」と直感で進んでいけるような、そんな道具になりうると思っています。
子どもたちは、広い海で大きな波に揺られる日もあるでしょう。風がなく、ちっとも前に進めない日もあると思います。向かい風で後ろに吹き戻されることもあるでしょう。それでも、自分の中に羅針盤(英語の語感=なんとなくこうかな?という言葉の感覚)があれば、彼らは目的地に向かって一歩ずつ、前に進み続けることができるでしょう。

そんな興味の尽きないこのカードをぜひ多くの方にご紹介したい、この地域から、一人でも英語嫌いを減らし、英語好きを増やして、英語と笑顔の溢れる楽しい地域を作っていきたいというのが私の夢です。昔、自分が高校生の時に英語が話せなくて挫折したような思いを、これからの人たちに味わわせないように。あの時、もっとこんな風に教えてもらってたら、、、という思いを形にしているところです。
ちまたではSDGsが話題によく上っていますが、BBカードこそ「持続可能な英語教育」だと私は思います。いつの時代も子どもたちに愛され、先生を救ってくれる頼れるヒーローです。
あなたもぜひ、このヒーローと一緒に闘う仲間になっていただけませんか?


小学生、大人、幼児クラス、体験受付中☆彡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小学生  毎週月曜日17:30~18:30(残り二名)(対面) 
小学生  毎週木曜日17:00~18:00満員御礼(対面)
未就園親子  水曜日14:00~14:30(通常オンライン、月末のみ対面)
大人   第2,4金曜日11:00~12:00(9月のみ第1,3金)(イオンモール八幡JEUGIAカルチャースクールにて、月2回) タイトル「大人も遊んで楽しく英語!」
[ 2020/08/21 22:21 ] ブログ レッスン風景 | TB(-) | CM(0)

複数と単数と冠詞のおはなし

英語で複数形のことをpluralと言います。私が学校で教わっていた頃は、英語は2つ以上の物を複数形で表すのだ、とだけ教わったように思いますが、やり直し英語を通して、英語の複数形と単数形には、単に数の違いだけではなく、物に対する大きな認識の違いがあることがわかりました。そこに、冠詞(a, an, the)も加わることで、さらに意味が大きく違ってくるのだと知りました。
この意識の違いを知っておくことは、英語を理解する上で、とても大切なことだと思います。

分かりやすい例でいうと、
もしあなたが「私は犬が好きです」と言いたい場合、
I like dog.
と言うと、日本人に慣れていない外国人には「えええ???」とびっくりされてしまう可能性があります。
なぜなら、あなたは、
「犬の肉が好きなの」
と言っていることになるから、です。
冠詞のない単数のままの一般名詞は、「その名詞の中身、内容特長、風味」を表します。
なので、犬の中身=肉
になってしまいます。

I go to school. 私は学校に通っている(通学する)
のschoolも無冠詞で単数の一般名詞なので、「学校(という建物)に行く」、という行為ではなく、
 学校の内容特徴=教育を受ける
を意味します。ですから、 a school でも the school でも schoolsでもなく、ただのschoolになるのです。
ちなみに、 I come to school.でも意味は同じです。
今、話し手のいる場所が家なら I go to school.(離れていく)
逆に今、話し手のいる場所が学校なら、 I come to school.(近づいてくる)
という認識の違いだそうです。

話が脱線しましたが、
「犬が好きです」と言いたい場合の正解は、
I like dogs.
です。ここでようやく複数形が登場します。

この場合のdogsは
「犬という種類の生き物全般」
を示します。
必ずしも「複数の犬が好き」、というわけではなく、
「犬という生き物全体が好き」ということになります。
猫好きな人なら I like cats.
鳥好きな人なら I like birds.
兎好きな人なら I like rabbits.
ですね。ただし、
魚と羊と鹿とトナカイ好きなら I like fish, sheep, deer and reindeer.
となります。単数形と複数形が同じなので。

では、「その犬が好きなんだよ~!」と限定した場合は?
I like the dog.
となります。他のどれでもない、そのワンちゃんが好きなんですね。
この時は、定冠詞のtheを使います。
定冠詞の定は「定まる」や「限定」の「定」ですから、世界でたった一つの、他のどれでもない、という認識になります。
the は the Earth とか the sun や the moonとかThe Beatles.とか、基本的に世界に一つしかないものや、会話の中で双方がどれかはっきりわかる対象のもの(単数、複数に限らず)につきます。
「いっせーのーで!」で全員が指させるもの、という感じです。

じゃあ I like a dog.の文章だと、どういう認識になるのでしょう?
a とか an は不定冠詞なので、「定まっていない」ということになります。
だから「どれでもいい」「どこかのだれか」「どこかのなにか」「とある何か」というニュアンスになります。
ですから、 a dog は
「どれということもない、とある犬」となり、
I like a dog.は
「とある犬が好きです」
となります。
いきなり「とある犬が好きです」と言われても困惑しますよね(笑)ヘンテコな文章です。「どの犬だよ?」とツッコミたくなります。
なので、この文章が出てくるのは基本的に最初だけで、次にその犬の説明が来ると思われます。
I like a dog. His name is Max. He is my parents' dog....
といった具合に、あとで a dogの説明が入ります。

さてさて、長々と書いてしまいました。最後までお読みくださり、誠にありがとうございました。

Have a nice day!!
[ 2020/08/20 22:59 ] ブログ レッスン風景 | TB(-) | CM(0)