fc2ブログ










歌から学ぶ発音"Pronunciation Practice by singing"

二ヶ月くらいかけて、中1の女の子達とイギリスのEd Sheeranの"Shape of You"という歌を歌っています。この歌にした理由は子ども達からリクエストがあったからです。しかし実際に歌ってみると、この歌のスピードはとても速くて、最初は真似するどころか、なんと言ってるのか聞き取ることすらできませんでした。リクエストした本人も後悔するほどでした(笑)
しかし、私は分かっていました。彼女達は必ず歌えるようになると。
英語の歌は、繰り返し聞いて、繰り返し歌ううちに、音のつながりや脱落が理解され、体に記憶されていきます。そうすると、何も考えなくても歌えるようになります。
すると、普通の速い会話も、かなり聞き取れるようになっていきます。

一見不可能に見えることも、繰り返し真似していけば、いつのまにか可能になるんだということを、私は自分自身の歌の練習を通して学びました。そしてその素晴らしい経験を子ども達に伝えたいと思い、英語の歌のレッスンを始めました。彼女達は実に楽しそうに学び、今はほどんど全てのパートをスラスラと歌えるようになりました。その顔は自信に輝いていて、とても美しいです。良い歌というのは何度歌っても飽きません。最高に良い反復練習のテキストになります。歌ほど反復練習に適した教材はないと思います。
https://youtu.be/3mSsQQkMpUw
13-years-old girls and I have been singing a song, "Shape of You" by Ed Sheeran for a couple of months. The reason why we chose this song is because one of the students gave me the request. This song was too fast for them that they couldn't understand what he was singing at first.
However I knew they would be able to sing it well. Fast songs can be decoded by listening and singing repeatedly. So many practices let us notice there are linkings, reductions and many more rules of English sounds in the song. Soon or later they would get used to sing it fluently.. That practice also effective for them to improve their listening skill..
Mimicing songs repeatedly will improve our language skills. I wanted to share my experiences with my students. Now the girls can sing the song very well.


[ 2021/04/11 20:30 ] ブログ レッスン風景 | TB(-) | CM(0)

英語らしいリズムに慣れることの大切さ

「BBカードを使う上で一番大切なことは、英語らしいリズムで文章を話せるということ」だと、創設者の難波悦子先生はおっしゃいます。BBカードに出会って10年間ほどになりますが、ここへきてようやく先生の真意が理解できたような気がします。
最初の頃はBBカードを覚えるので精いっぱい。慣れてきたら、子ども達が飽きないようなゲームをするのに精いっぱい。さらに慣れてきたら、今度は子ども達が少しでも学べるように下心ありありで文法要素を教えるのに精いっぱいになっていました。今思えば、的外れなことに意識を集中させていたな・・・と反省しています。

そして今ようやく、冒頭にお伝えした、難波先生の願い「英語らしいリズムで文章を話せるということ」にわたしは全力を注いでいます。可能な限り高速で英文を話すのです。おそらく保護者の方が見られたら驚かれるでしょう。大切なことは、「一つ一つをていねいに理解する」ではなく、「不完全でいいから高速で聞きながら何度も繰り返し真似し続ける」ということなんです。もし前者のやりかたをしていたら(日本の英語教育は大概そのようですが)、第二言語習得までに大変な時間と労力がかかります。なぜなら英単語や英熟語など、覚える要素はいくらでも存在するため、暗記には終わりがないからです。しかも暗記したものは、とっさに使える知識にはなりません。暗記重視の人は、沢山暗記しないと会話ができないと思いがちですが、実際はそうではありません。暗記などしなくても、自分のわかる言葉で言い換えれば言いたいことは伝わります。聞き取れなくても、"Can you say that in other words?"と質問すれば、ネイティブスピーカーの人はもっとわかりやすい言い方に変えて答えてくれます。
私が思うに、一つ一つを理解したり暗記したりすることよりも、早い英語にいかに耳と口が慣れることができるか、ということの方が遥かに英会話に役に立つ要素が多いです。この話は長くなりそうなので、また改めて。
[ 2021/04/06 00:57 ] BBTime BBカードとは | TB(-) | CM(0)

新たな出会い

先日、大人の方に個人レッスンをお試しいただきました。その方は即断即決で一年間やる!!と決意され、その場でスケジュールが決まりました。あまりの決断力と行動の速さに私は驚いてしまいましたが、でも、そういう方こそが目標を達成することができる人なのだろうなと思いました。思い立ったら吉日で、よいと思ったことは即!行動に移すという意識は、英語を学ぶ上でも、とても大切なことだと思います。
[ 2020/10/09 00:27 ] ブログ レッスン風景 | TB(-) | CM(0)

アマビエ作り

今年度より、英語教室の仕事に加えて、地域の町づくりや学びのお手伝いをする生涯学習コーディネーターのお仕事をさせていただいております。本日はその活動の一環として、小学生を対象とした『感謝を伝えるアマビエオブジェ制作』を行いました。
今回のテーマは『人権』だったので、市民センターの館長さんや職員さん、町づくり協議会の方々と話し合いを重ね、どうしたら子ども達に人権の大切さを伝えられるかを考えました。
そして、アマビエという、江戸時代に肥後(現在の熊本県)の海に現れ、その魚のような人間のような姿を絵に書いて人々に配ると、伝染病を追い払ってくれたという妖怪の伝説を参考に、アマビエのオブジェを作りました。このオブジェは小学校に飾っていただく予定です。

アマビエオブジェは大きいものと小さいものがあり、大きいアマビエにはウロコに周りの人への感謝の気持ちや夢を描いて貼りました。小さいものは紙コップで作り、ウロコには自分の思いや願いを描いて貼りました。小さなアマビエはおうちに持ち帰り、飾っていただけるようにしました。みんな楽しそうに制作してくれて、毛糸で作ったアマビエの長い髪を三つ編みにしたり、長くたらしたりして、創意工夫を楽しんでくれたようです。『優しくない言葉はすすが出て空気を濁らしてしまうと科学的にも証明されているんだそうです。逆に優しい言葉は周りの空気をきれいにしていくんだそうです。周りの人への感謝の心を持って、優しさあふれる思いやりの言葉を口から吐いて、世界の空気を綺麗にしていこうね』との市民センターの館長さんのお言葉にとても感銘を受けました。

最後にオブジェで写真を撮る前に少し時間がありましたので、英語遊びをさせていただきました。伝家の宝刀「おさるのジョージ」パペットが登場すると子ども達、みんな笑顔になり、一緒に"Open Shut Them"という手遊びをしました。それから、”Do You Like Ketchup on Your Cornflakes?”という絵本も読みました。”Yes!!””No!!"など、みんなが素直な反応をしてくれるのが嬉しかったです。

もともと、この地域のお子さんは素直で優しいなと感じていましたが、それはきっと親御さんの愛情だけでなく、地域の方々の優しさ溢れる想いが様々な活動を通して、しっかりと子どもたちに伝わっているからなんだなと思います。私もそんな活動のお手伝いをさせていただけることを誇りに思い、これからもそのサポートをさせていただきたいなと思います。
[ 2020/09/26 16:17 ] ブログ | TB(-) | CM(0)

数えられない名詞

中一クラスは、加算名詞と不可算名詞の数え方を学んでいます。
まずは加算名詞から。

[単 → 複]
mouse → mice
louse(シラミ)→ lice
↑この2つは似てるね~

foot→feet
goose→geese
↑この2つも似てるね~

sheep→sheep
deer→deer
fish→fish
あれれ?どゆこと?同じだね

werewolf → werewolves
loaf → loaves
scarf → scarves
leaf → leaves
お・・・?これまた似てる。何かが無くなって、何かが増えてるねぇ

と、気づきを得ながら学んでいきました。

お次は、不可算名詞の数え方。
BBカードの♦マークの文字カードでノーリーダービンゴをしながら作文します。
手作りカードをお題にして、当てはめられそうな部分に入れ替えます。

(お題:two cartons of juice
(元の文)Betty Botter bought some butter. 
(入れ替え後)Betty Botter bought two cartons of juice.


(元の文)Gray Goose got some golden eggs. 
(入れ替え後)Gray Goose got two cartons of juice.


(お題:three bottles of coke)
(元の文)Red Rooster will finish reading. 
(入れ替え後)Red Rooster will finish drinking three bottles of coke.


(元の文)Locy Locket lost her letter.
(入れ替え後)Lucy Locket lost three bottles of coke.

最後は、不可算名詞を使った、ユーコオリジナルパラパラ漫画を披露!(写真参照)
主語+動詞が目的語と切り離されていて、他のページの目的語に入れ替えられるようになっています。

ウィットニーさんがワインを飲んでいたかと思えば、板チョコ2枚を飲まされたり、バター1パックを飲まされたり・・・パン10斤を飲んでいたりもして…!パンって飲めるの?!というような笑える文章が沢山できました。
子ども達には宿題にして書いてきてもらうことにしました。
来週、どんな作品が見られるのか楽しみです。

IMG_20200905_151115.jpgIMG_20200905_151033.jpg
IMG_20200905_150957.jpg

[ 2020/09/05 18:55 ] ブログ レッスン風景 | TB(-) | CM(0)